« 朝からそれは大騒ぎ | トップページ | »

2006年3月30日 (木)

今日夕方帰宅して息子の学童連絡帳ノートを見ると一通の手紙が。
息子も私も大好きだった先生が移動に決まり、お別れの手紙だったのだ。

うっそー。

先日面談行った時は
「○○君の成長をもう一年是非見て行きたいと思うので、残れるように強い希望をだしまし
 た」って話していたのにー。

先生の手紙にも、「とても残念で悲しいです」と書いてある。

私も悲しい、先生。

あまりに回りが騒がしくて、息苦しくなるとそっと連れ出して散歩に連れていってくれた先生。
真夏も水筒さげて、せっせと散歩に連れて行ってくれた。
いつも息子の心にそっと寄り添ってくれて、明るくてやさしくて本当に暖かい人だった。

校庭に走って会いにいったらちょうど先生がいて、一言話かけたら二人して涙が止まらなくなっちゃっておいおい泣いてしまった。

色々なことがいい感じで回っているなって思うと、どうして何かがかけていっちゃうんだろう。

先生と話していると色々な思い出がよみがえって、なかなかさよならするのが辛かった。

邪まな子育ても今日は全面お休みモード。

また明日から、がんばっていくぞー。

先生元気でね。涙涙。

(今日の一句)

 別れなど

 こなきゃいいのに

 悲しいじゃん

 涙がずっと

 とまらないじゃん

 

|

« 朝からそれは大騒ぎ | トップページ | »

コメント

残念ですね。
春は、別れの季節…でも、出会いの季節でもあるから、大きなハードルをまた、乗り越えましょうね。
と、言うものの…実に残念です。
>色々なことがいい感じで回っているなって思うと、どうして何かがかけていっちゃうんだろう。
本当ですね。やっぱり、思いっきり、残念がっちゃいましょう!悔しがっちゃいましょう!涙・涙・涙…


投稿: achan | 2006年3月31日 (金) 09時24分

そうですね。出会いの季節、またいい出会いをどーんと期待したいと思います。桜咲くめくるめく春だものね

投稿: たんちゃん | 2006年3月31日 (金) 10時18分

桜の季節。さくらって見ているとほのぼのした気持ちにもなるし、寂しい気持ちにもなるよね。きっと出会いと別れをうまく演出しているんだねー。本当にいい出会いがあるとその別れもいつかはくるんだよね。さくらの下でおもっきり浸って涙して、ありがとーのひと言で、感謝が次のしあわせをつれてきてくれます。

投稿: チャッキー | 2006年3月31日 (金) 15時43分

ウチも今朝の新聞の教職員異動一覧をしんみりと眺めていました。
担任はもちろん、密かに「ぜひ交流担任に!」と念じていた先生や、入学以来お世話になってきた養護教諭、個別級にゆかりのある先生まで…
まさに「ゴッソリと」入れ替えです。


良い先生ばかりが居なくなるって事は、良い先生ばかりがやってくる


と、解釈して笑顔でお迎えしようと思います。


でもさ、思い出がいっぱいあるだけにポッカリ穴が開いた気がしちゃうよね(/_;)

投稿: ぶっちぃ | 2006年3月31日 (金) 16時33分

ちゃっきーさん>桜って色々な思いを運んでくるよね。別れの後にまたいい出会いがきっとあるといいなあと桜を見ながら思いました。
ぶっちゃん>気持ちの整理がなかなかつかないっていうぶっちゃんの気持ちをすごく深く感じました。(勝手にしったかぶりでごめんね)大きな入れ替えがあったのね。こちらは異動のお知らせを見るものがないので、新学期までわからないのだけど。今日父が学童にむかえに行って挨拶をさせたら、先生にぎゅっと抱きしめられていたそうです。表をでたら先生たちが団体ででていて何かなと思ったら校長先生の見送り。今日で校長先生も最後、本当にお世話になった人達の別れに胸が苦しいです。

投稿: たんちゃん | 2006年3月31日 (金) 20時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168092/9343602

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 朝からそれは大騒ぎ | トップページ | »