« すかっとセレブの春を行く | トップページ | イケメンってわかりにくい生き物なのね »

2006年4月11日 (火)

ピンクの君はちょっぴりおセンチ

スイミングの後のドライブ中、夫が

「あっそうだ!プラレールの踏み切り買ってやらなきゃ」

と言い出した。
息子が欲しいともなんともまだ言ってないのに、なんでそんなにはりきっているのか。
結局子供にかこつけて楽しんでいるんじゃないのー。
まっ、いいか、父子で同じ趣味を持つっていうのもいいもんね。

なんていつもいつも心が広いんだろう、私。
マリア様みたいな奴だよね、私。(恐ろしく罪深い迷える大羊をどうかお許し下さい。マリア様)

デパートの前に到着。
交通安全週間だからか、いつにもまして婦人警官がチョークひきに燃えている。

「今日はちょっと危ないかな」
「レッカー恐いから、私が車で待っているから二人で買ってきたら」

と言うと二人していそいそ買い物に出かけた。
春の光がさしこみ車内はぽかぽか快適。
うるさいのは二人出かけていったし、極楽極楽。
うとうとしながらしばらく待つが、とんと二人は帰ってこない。
不安がよぎる。

それからしばらくしてやっと帰ってきた。
踏み切りを買いに行ったはずなのに、いくつも包みを手にしてにこにこ顔の息子。

「いやあ、高くついちゃったよ。マイメロディのお弁当箱の上に、マイメロディの魔法の棒とかも買わされちゃってさ」

魔法の棒??

息子の手にはなんだかきらきらピンクの棒が。スイッチをいれるとなんだかきゃぴきゃぴ声が聞こえてミュージックと共にきらきら電気が光る。
お弁当も当然ピンクできらきら。

二人で買い物になんかいかせるんじゃあなかった。
ろくな結果にはならない。

家に帰って夫がいそいそと踏み切りをとりつけ、プラレールの騒音はさらにアップ。
その横で息子は魔法の棒を振り回しながら、
「おねがい♪」とメロディーのポーズをとりながらご満悦。

騒音とピンクの世界の洪水に、切実な思いがふつふつとあふれてきた。

「人里はなれた静かな山奥に一人逃亡したい」

夜、クラスでそれぞれ前年度の担任の先生にメッセージを書くようにという通達があったので、さっそく書かせたところ、

「○○先生、ありがとう。

 楽しかった。

 大好き」と書いて、お目目ハートうるうるのメロディーのシールをはっていた。

やっぱりマドンナ先生とのお別れは寂しいんだよね。
私もやっぱり寂しい。

ピンクの魔法の棒で、きらっと一振り、先生が戻ってきてくれるといいのいねえ。

(今日の一句)

 魔法って

 あっという間に

 消えちゃうね

 かなえて欲しい

 思い残して

|

« すかっとセレブの春を行く | トップページ | イケメンってわかりにくい生き物なのね »

コメント

今日風邪で休んでいた息子。何故か急にプラレールの信号機を思い出しそれを一日中捜していて、午後から主人が息子の世話をしていてどうも買うお約束。帰ってくるなり息子は私に秘密といいながら「お父さんが買ってくれるって」とご報告。息子はスパイにはむかないようだーー。今日は私の年を忘れる程の誕生日。小さなケーキに「誕生日おめでとう」のメッセージクッキーそれを食べるのも息子、ろうそくの火もけしまくる息子、ニコニコおいしそうにケーキをほうばる父と子。なんともうちの光景と似ていてコメントしちゃいました。私も一緒に山奥つれてってぇーーー(~_~)

投稿: チャッキー | 2006年4月13日 (木) 23時43分

遅ればせながらちゃっきーさんお誕生日おめでとうございます。ケーキの件、うちも同じ。ろうそくを嬉々として消す息子(年間あんたの誕生日かい?ってねえ)いつか山奥で盛大にどーんと誕生日の打ち上げ花火でもあげて盛り上がりたいねえ。

投稿: たんちゃん | 2006年4月15日 (土) 10時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168092/9539602

この記事へのトラックバック一覧です: ピンクの君はちょっぴりおセンチ:

« すかっとセレブの春を行く | トップページ | イケメンってわかりにくい生き物なのね »