« 朝な夕なに | トップページ | 恋の行方は初夏の空 »

2006年5月30日 (火)

谷あり谷あり

先週はとんだ週だった。
ことの始まりは学童からの連絡帳。
なんだかかんだか文句書いてある。
すっげぇーこんなに文句あんのかよと目が丸くなった。
三月の末に面談あったばかり。
その時は1時間中いいことばかりの話で目が丸くなったっていうのに。
一挙に花園から奈落の底かよ。
それにしても毎日誰かしらお迎えに行っているのに、
突然帳面に書いてくるってわかんないなあと思いつつ、
腹立って息子に文句言ってたけど、
よく考えたら先生おかしいじゃんと思って

久々に ☆大爆発☆

「こんなもの(連絡帳)封もしないで本人に持たせてよこすなんて
 何考えてんの。
 あんたいくつよ。
 どういうつもりで仕事してんのよー」

実際はもう少し(ほんの少し)丁寧にお伝えしましたが。
先生ぶっ飛んでおりました。

だけど、どこをどう考えても、内容を考えてもおかしいんだもん。
そんなことありえないってことばかりなんだもん。

なんかむしゃくしゃするなあと思って、
こういう時は買い物買い物。

「くそー、こうなりゃ、上から下までばっちり決めてやるー」
と息子のものを買いに出かけた。

前によく買っていたお店の売り場にさしかかり、商品を見ながら
「ここの可愛かったんだよね。でも130cmまでしかないんだよね。」
と思いつつ、ふと店員さんに、「130cmまでですよね」
と聞いたら、「インポートものなら160cmまでありますよ」との答え。
今日はだいぶやけ気味だし、後先考えずに商品見せてもらった。
体格のいい店員さんが、奥まで探しに行ってくれて汗かきかき何点か持ってきてくれて、
1点、一番いいなあと思うのを見て何気なく値札を見たら、

1万6500円!!

スパンコールつきとは言え、子供のTシャツに1万6500円。

ありえないだろう、と心でつぶやきながら、まさか今更そんなこともいいにくい状況。
やけのやんぱち気分も一挙に冷めた。

うーん、どうこの場を去ろうかと思いあぐねていたら、
サイズを見たら150cm、そして作りが少し小さめだから、息子にはちょっと小さそう。
よかったよ、突破口が見つかって。
「いいんだけど、サイズが小さいかな」と内心思いっきりほっとしながら言うと、

「160cmもありますよ。少しだけデザイン違いますが」と出してきてくれた。

突破口一挙に封鎖。どうする私。

「でもこれは国内のおつくりなんですよ。」

値段をさりげなくおそるおそる見たら、だいぶ安い。
それでも高めだけど、1万6500円を見た後だから安心して買ってしまった。

それでもまだいまひとつ気分晴れなくて、
転勤してしまった学童の先生にメールした。

「あの先生ね、人が移動したり、転勤したりってことがあると、毎回パニックになるのよ。
 で今まではパニックになる前に自分がフォローしてたんだけどね」

えっ、そうなの、なんだそうなのかよとちょっと気分落ち着いたけど、また怒りがふつふつ。
そんな奴、主任にしとくなよー。

そして日曜日は運動会。
朝から雨だよ。
午後2時になったらからっと晴れだした。
どうせお天道様も、私には冷たいんだろうよとまたふててしまった。

でも今週に入ってなんだか話が変わってきた。
昨日は学校休みで朝から夕方まで学童だったから、気が気じゃなかったんだけど、もめたあとだしね。
他のスタッフの先生曰く、
「勉強時間なんか一番の模範生で、一生懸命勉強していましたし、、楽しそうによく遊んでいましたよ。金曜日くらいからすごく調子いいみたいです」

嬉しい先生、でもうちの子ってそんなにころころ七変化男じゃないと思うんだけど。

帰り道、例のパニック野郎に出くわした。
やんなっちゃうなと思っていたら
横にいるお気楽息子がにっこりして、「○○先生さようなら」と大きく手を振った。
先生も恥ずかしそうに大きく手を振り返した。
おー、お気楽息子もなかなかやるじゃん。
ちょっと、というかかなり見直した。

(今日の一句)

 あれこれと

 大人の方が

 うるさくて

 人のことより

 自分はどうよ

|

« 朝な夕なに | トップページ | 恋の行方は初夏の空 »

コメント

なんか最近ひとの気持ちを考えられないいい大人が多すぎます。うちも学童指導員から何度となく傷つけられたし、学校の先生。それから職場にもへんなのがいて挨拶もできないものの言い方しらない同じ年代の独身女。
私も環境(学年・クラス等)かわるたびに、疲れるしへこむ事しばしば(_ _)…常識知らずの学童の指導員より、息子君の方がとっても人間らしく大人だねーまっすぐ、すくすく(^-^)~

投稿: チャッキー | 2006年5月31日 (水) 16時45分

本当にね、大人なんだからさ、子供じゃないんだから考えてから行動してよっていいたくなることしばしば。いらないことに妙に過敏で、これ必要だろうってことに鈍感でね。その点子供はピュアな順応性あっていいよね。私自身頭も心も柔らかくいかなきゃと反省することしばしです。

投稿: たんちゃん | 2006年5月31日 (水) 17時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168092/10304509

この記事へのトラックバック一覧です: 谷あり谷あり:

« 朝な夕なに | トップページ | 恋の行方は初夏の空 »