« 派手派手パジャマでかっとばせ! | トップページ | インドパワーにも負けんとよ »

2006年7月13日 (木)

マドンナって最高!

昨日は色々あってお疲れ様の一日。
息子がお世話になっている教室でのお楽しみ会があった。
そもそも子供が苦手な私。なもんで子供にまつわる大勢の人との会合はひどく面倒。
だけど子供がお世話になっているのにそうとばかりも言ってられないから、重い腰を上げて出かけた。
体育館で歌や踊りやゲーム大会。
息子は歌や踊りは大好き。元気はつらつで踊りも踊っていた。
で、ゲームタイム。
基本的に息子はゲームに興味がない。
やっていることに興味がある時はあるが、勝ち負けということをどうでもいい事だと思っている。
だから勝つように努力しようとか工夫しようとかってことがない。
私も基本的に別に本人がそう思っているのならそれでいいやと思っている。
でも横のお母様はそうは思わないみたいで、子供から離れた椅子に座っていながら、子供にああしろこうしろ、わからないなら早く先生に聞けとかものすごく白熱。
どうしてどうでもいい魚ゲームでそんなに燃えるのか、ますますテンションが下がっていく私。
で、次にテープを使ったシンプルなゲーム。
息子は少しやり方を間違えたみたいで、横の女の子が「こうだよ」と教えてくれて、事なきを得てゲームを続けていたのだが、ここでものすごく嫌なガキンチョを発見。
このゲーム、先生が笛をならしたら順番に自分の向かえの子にテープを渡していくのlだが、こいつ息子の様子を見ていて、次の順番からわざと息子を抜かして次の子にテープを渡しているのだ。
ゲームに勝ちたいがために。先生がみてない時を見計らって。
悪いけどうちの学校でこんな下品なことする奴今だかつてみたことがない。
今回の教室のお楽しみ会、色々な地区から子供が集まっているから、そこの地区の子達は一応にして下品。
差別っていけないかもしれないけれど、住環境って本当に大事だなと思った。
このガキンチョ大変頭にきて、後ろから思いっきりけったろかと思ったが、考えてみたら本人うまくわからないようにやっているつもりで頭中もよくないよなと思った。
だって参観みたいに子供がゲームしている様子を少し離れたところの椅子に座って親が見ているからさ、皆親たちはやっていること見えているんだもん。
よっぽど注意してやろうかと思ったけれど、息子は別にどうでもいいって感じだし、だんだん馬鹿馬鹿しくなってほっておいた。
でもさ、私があのくそガキンチョの親だったら注意するけどね。
勉強できなくても不得意なことがあってもいいけど、そんな品性の人間が自分の子だったら嫌だもん。
会が終わってジュースタイムになったら、案の定そのくそガキンチョ君は下品に人をおしのけてジュースに突進していた。
あんたは家でジュース飲ませてもらってないのかよー。
帰ろうとしたら、息子が「お母さんジュースは?」
「家に沢山あるから帰って飲みなさい」ととっとと帰宅。
こんな会、悪いけどついていけないよ。今度からは欠席欠席。
息子はこの会をどう思ったんだろうと思い、
「今日どうだった?」
「楽しかった」(へぇー、楽しかったんだと思いながら)
「どれが楽しかった?」
「魚つりゲーム」
こいつってつくづく素直で可愛いよなあと思わず抱きしめたくなってしまった。
「ダンス上手だったねえ」と言ったら、満面笑顔でまた踊ってくれた。
見よ、この素直さを。くそガキ野郎よ。

その後スイミングへ行って、なんか今日は疲れた一日だったよなあと思いつつ、家のそばまで帰ってきたら交差点のところで息子が

「あっ、先生」

と言ったのでそちらを見たら、光輝くオーラの中にマドンナの姿。
満面笑顔で大きく手を振ってくれて、私達が渡るのを待っていてくれて、

「○○君、プールに行ってきたの?水にぬれてもかわいいー」と軽く抱き寄せてくれていた。
息子至福の時。
「今日○○君のクラス、研究授業だったので、私も見に行ったんですよ。
 ○○君すごくがんばって勉強してましたよ。嬉しかったです」
私も至福の時。
その後も色々話が弾み、すっかり幸せ気分で親子でルンルン帰宅。
気持ちがやさしい人との時間は、本当に気持ちを暖かくしてくれる。
色々あったけれど、終わり最高。いいこともあるよね。

マドンナって最高!!

(今日の一句)

 マドンナは

 いつも笑顔が

 やさしくて

 気持ちが一挙

 前向き上昇

|

« 派手派手パジャマでかっとばせ! | トップページ | インドパワーにも負けんとよ »

コメント

確かに疲れるよねーうちも息子君と同様ゲームとか勝負ものにはあまり興味なし私もゲームやレクレーションものに弱く、いつも冷めている→若い頃から→相当昔。
息子は給食時のみ最近ジャンケンに燃える。勝った人が残っているものをもらえるという事。でもいちおこだわりメニューはある様子。しかし、ジャンケンは燃えるがちょっとテンポが合わず、よく負ける…。家でも練習するが負ける。勝負というより単に給食に釣られているだけ。うちの校区もとにかく品性なし、群がるたちが悪い。でも純でマイペース息子は動じない。もうすぐ学童も休みの日にレクレーションがあったり、町の夏祭りも控え・・・私もできれば避けたい。手伝いはしてもいいけど、息子と行くといろいろ疲れるし、私も保護者の輪にうまくはいれない。無理してあわせず、隙をみて帰るようにはしている。無理せず、気楽にいきたいものです。ちょっと違うかもしれないけどこの間スピリチュアルの本を立読みしていたら、「気は遣うものではなく遣わせるもの」気を遣うというのはパワーを遣うらしい、他人への無駄な気遣いは本当に疲れる。
私も堂々とどっしり構えたいものです。

投稿: チャッキー | 2006年7月18日 (火) 13時32分

ちゃっきーさん、もうあわないところには無理していくことないやって思いました。でも先生も気付いていたのか、補習の時お会いしたら説明と深い陳謝がありました。(でももう行かないけどね)
給食はうちはもう4年生で4年になるとおかわりなしなのよ。皆が食べちゃうから余らないらしい。どうりで4年生になると体格が皆立派。女子プロレスっすかというような子も何人かいます。(おっと自分の体格問題は棚上げ)。まあ、行事は今回くらいしかないのだけどね。疲れました。

投稿: たんちゃん | 2006年7月18日 (火) 15時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168092/10919085

この記事へのトラックバック一覧です: マドンナって最高!:

« 派手派手パジャマでかっとばせ! | トップページ | インドパワーにも負けんとよ »