« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月26日 (月)

サウナで会ってサウナで別れて♪

Welcome back!
私のお気に入り傘が無事に?戻ってきた。
あの後スポーツクラブで2回も見かけた私の傘。
だって傷まで同じなんだもん。
返してもらいました。
でもこの状況、なんだか近所で使いづらい。
ましてやスポーツクラブに持っていけない。

お外で使えば叱られる♪
近所に行くのも駄目なの♪

なんてなかにし礼の「ホテル」の世界のごとく、すっかり日陰の女みたいになってしまった私の傘。

一度でいいから陽だまりの下をさして歩いてみたい♪
(って日傘じゃないんだからさ)

一体誰だよ。私の大事な傘を日陰もんにしてくれたのは。

こんな疑惑一杯のスポーツクラブ。
今日もサウナは花盛り(どんな花かは追求しないで)
すっかりサウナにはまってしまい、ババちゃんが大量に買ってきれくれた、Dietカルピスをミニペットボトルに入れて凍らせて、保冷剤を手に今日も長湯、おっと長いサウナ。
すっかり長時間入れるようになってしまった。
途中何度も休憩するけどね。

「今日汗でにくいですよね。あっ、90度下回っているんだ」(私)
「そうそう。外が寒いからすぐ下回っちゃうんだよね」
しばらくして
「あっ、上がってきた。熱の感じでわかりますよね。」(私)

いかん、いかん。いつのまにかつわものどものごとく、サウナの状態をつかんでいる私。

そこにもう一人、常連のおばさんが入ってきた。

「最近がんばっているよねー」
「すぐに太っちゃうから。痩せない痩せない」(私)
「そんなことないじゃない。泳ぎ、あんなに速いし、だからやっぱりしまっているわよ」
(気持ちは嬉しいけれど、気、使い過ぎだって」
「他にスポーツやっているの?」
「はい。バレエ。」
「ああ、バレエ。(ここでトスするしぐさをしたので)
「えっと・・・クラシックバレエ」
「ああ、そっちのバレエ。どうりで優雅な感じがしたもの」

って、あーた、さっきすぐにトスしてみせたじゃん。
やっぱり私はそっちのバレエのイメージかよ。

しばし談笑して、出てドライヤーしていたら、横にきたのは2h15分のつわものおばさん。
えっ、私、この長時間サウナで有名なおばさんと一緒に出るようになっちゃったのかよ。
愕然。

ババちゃんに話したら
「あんたもすっかりサウナおばさんになっちゃったじゃない」

サウナお・ば・さ・ん!

なんかこたえるなあ、この言葉。

体のシェイプもいいけど、そろそろ頭の中味もシェイプして、春は元気にスマートに行かないとね。

(今日の一句)

 Myかさは

 人目にふれちゃ

 いけないの

 人目忍んで

 夜間限定

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年2月18日 (日)

もう恋も終わるのね

日々暮らして行く中で

「えっ!!なんで」

ってな事って結構ありますよね。

最近あったのは、朝出勤して行く地下鉄の中でのこと。
その日も例によってものすごいラッシュで、ドアが開いたので脇に寄ったのだけど、その日に限って降りる人も一名もなし、これはますます厳しい状況。心して乗らなければと思って前を見ると、一人背の高い女性が真ん中で立ちはだかっている。
どっちかにどいてくれなきゃ乗れないじゃん、と思ってもう時間もないし後ろからも押されるし、どーんとかまわずその女性も押して中に乗り込み、ようやく一息。
でもなんだか肩の辺りが変な感じ。
振り向くと、さっきの女性が私の肩を掴んでたっているのだ。

「えっ!!何してんの」とあまりの事にとっさに言葉もでなくて、あっけにとられた私。
友達でも知り合いでもないのにさ、人の肩につかまって立っているって、あーた。
横にいてみていた男性もあっけにとられていた。
さすがに私のびっくりした顔に、その女性もすぐに手を離したけど、何考えていたんだろう。あまりの事に目が点になった。
本当に、いろんな人がいるよね。

次に控えし「えっ??」体験は
雨の日にいつも通っているスポーツクラブに行って、泳いでサウナして帰り道。
さわやかさっぱり気分で鼻歌歌いながらさあ帰ろうとしたら、

「傘がない!!」
お気に入りのギンガムチェックの傘だったのにー。
いくら探してもないのだ。
仕方なくフロントで傘を借りて帰った。
で、今朝またスポーツクラブに行ったら、とっても似た傘が傘たてに。
「これはもしかしたら間違えて帰ったけれど、今日返しにきた」
という事かもと、結構期待した帰り、あの傘は傘たてからはなくなっていた。
土日は特に朝の開始時間が早いので、もう顔見知りの長いつきあいのメンバーばかり。
色々な顔が思い浮かび、おっかしいなあと腑に落ちない。
もうー、今日あの傘を見なけりゃああきらめていたのにさ。

で、次の「えっ!!何それ」は最近登場がしばしお休みだったイケメン。

ノートを見たら、その日やった跳び箱のことが書かれていて

「低学年用の低いので練習していて、体重移動がつかめるようになればいいなと見ています」

「えっ!!何言ってるのよ。跳び箱なんて、1年半も前に、YMで飛べて、YMのクリスマス発表会で大量のギャラリーの前でもちゃんと飛べて、着地もきれいにきめたって」

久しぶりに怒り勃発。
ばばちゃん、じじちゃんに話すと、さらに怒り増発。

「1年半も前に飛べているのに、退化しているんでしょうか?」って書いてやれとばばちゃんが言うので、

さっそく連絡帳に「3年生の時にもう飛べていたんですが、退化したんでしょうか?体重増加の為かもしれませんけど」

と書いてやった。
面談の時に体重のことばっかり言われたこともちょっと根に持っていたしね。
だって、大デブになったってわけでもないし、いいじゃん小学生の健全なる男子なんだからって。

でまたタイミングのいい事に、その日の宿題が

「どきどきした経験を作文に書くので考えておく」

だったので、「初めて跳び箱が飛べた日」っていう題名で作文を書かせて持たせた。

「初めて飛べた日はどきどきしました。YMの発表会では沢山の人が見に来たので、どきどきしましたが、飛べて着地ポーズも出来て、皆が拍手してくれてすごく嬉しかったです」

ってな内容で。
わかったかイケメン。

次の日、連絡帳にイケメンからお返事

「一度お尻がひかかってしまい、それが痛かったので恐くなったのかもしれません。それでもだいぶまた感覚を思い出してきたということを書くつもりが、こちらの書き方が悪く申し訳ありませんでした。成長が原因というよりも、環境や指導の仕方で結果も変わって行くのかもしれません。これからも細やかに指導していくように致します。申し訳ありません。」

そういう事情があったんだったら最初からそう書けって。大体あんたさえちゃんと指導してくれれば、飛べてたもん飛べなくなるわけないでしょうって。

そして翌日、宿題に算数プリントというのがあったので見てみたけれど、いくら探してもない。忘れてきたことないんだけどなと思ったけれど、でも置いてきちゃったのかなと思い、連絡帳に

「宿題を持ち帰り忘れ、出来ませんでした。すいません」と書いてほどなくしたら連絡網の電話が

「今日の宿題の算数プリント、配布し忘れたので、それぞれで勉強をしてきて下さいということです」

連絡帳のさっき書いたコメントに矢印して、「連絡網が今来たので分かりました」とコメントつけた。

これは何もいじわるでしたわけじゃないんだけどね、なんだかいやみみたいになっちゃったみたいでまいったなあ。(向こうはその100倍もまいっているだろう)

もう、イケメン私の事なんて恐くて嫌いだよね。
メンは結構好きだったのにさ、イケメン。
メンのいけてる男にはとんと縁のない人生。
強いってのも考えもんかと・・・。

(今日の一句)

 本来は

 しとやかひそやか

 控えめが

 息子のせいで

 パワー炸裂

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年2月12日 (月)

こんな女はどうかしら

最近すっかりはまっているものがある。
ジャーン、それは「お料理」。
なんとなんとこの私が、お料理本に首っ丈、お料理サイトにせっせと接続の毎日。
思えば長い間、お料理はむしろ大っ嫌いだった。
外に食べにいくかさ、買ってきちゃった方が早いじゃんなんて。
で、夫が料理当番。
夫はまめで、せっせとやってくれていたのだが、いかんせんメニューが、スパゲッティミートソースだの、オムライスだの、カレーライスっていうのが主流。
作ってもらって文句言えないんだけど、

「お子様食堂じゃないんだからさ!これでどう飲めっていうんじゃい!(って誰も飲めって言ってないけど)」

と心の中でつぶやいていた日々。
しかも夫はやること丁寧、きちんとゆっくりとがモットーみたいな人なので、

「今日中に食事にありつけるんでありましょうか」といらいらすることもしばしば。

されど、人にやってもらっている身分でまさかそんな事、口が裂けてもいえないし、
で、さっさと自分であれこれ決めて、とっとと作ることにした。(って普通は作るのが当たり前)

今はPCもあるし、あれこれ検索するといろんなメニューが出てくるんだよね。
図書館に行けばいろんなお料理本も満載。
段々楽しくなっちゃって、夜、楽しく美味しく飲む事を思い浮かべてあれこれ作るのがとっても楽しみになってきた。
結局料理って下ごしらえのちょっとした野菜切りとか、刻むとか、そんなことが夕方くらいになると面倒になってくるのよね。
だから、メニューを2、3日分ごとに決めて買出しし、買ってきた材料はメニューごとにとっとと切ったり刻んだりしておくことにした。
こうしておくと、後は炒めたり煮たり、面倒感も軽減されていくような気がする。
実家にもあれこれお世話になっているので、作ったのをおすそ分けしたり、そうすると喜んでくれたり、コメント貰ったりするので、ますます今度はこんな新しいものをやってみようかなと思ったり。
大体自分で作ると自分の食べたいものが作れるしね。
お酒もぐーんと(進む必要はないんだよー)

料理番組もよく見るようになって、「3分間クッキング」を見ていたら、まあ、アイドルなみのかわいい先生が、手際よくぱっぱとイカをさばいたりしている。
手順も手際も実によどみなく進んで行く。
いやあ、いまどきはお料理の先生もマスクよし、手際よし、説明もなめらかで中々水準高いのね。
で、アシスタントのアナウンサーもこれまた中々のイケメン。
アイドル先生の横でさりげなくサポートするイケメン。
何だか新婚家庭の台所にお邪魔しているような気分。
イケメンさー、つまらない女になんかひっかからない前に、もうこのアイドル先生に決めちゃいなよ。一押し一押し,なんて番組見ながら思わずアドバイスと。
こんなかわいくてしかもお料理上手の奥さんと、誠実そうなイケメンが結婚したらどんな家庭が出来るんだろう。
まっ、尻しかれっぱなしの感あるけどね。

お料理上手な美人妻もいいけど、私みたいな妻の方が味があるってもんかもよっと。

(今日の一句)

 また一品

 品数増える

 その度に

 体重増えて

 またやばい春

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年2月 7日 (水)

どうせ私は噂の女

この2日間、家の中はとっても静か。
お気楽息子が風邪をひいているのだ。
日曜日の夕方からごろごろし始めた。
こいつがごろごろして静養するなんて、相当体の調子が悪い以外ありえない。
翌日の朝、とてもだるそうなので

「今日学校休む?」と聞くと
「行く行く」と力なくもきっぱりとした返事。
「今日、スイミングもあるよ。休む?」
「行く行く」

勉強への意欲はさておき、学校にかける情熱は熱い。
昨年もマドンナ先生が担任の時、夕方から熱を出して、明け方3時頃、寝ている横で、すごい熱風を感じたので計ってみると39度5分。

「明日(もうあと4時間で起床時間)」は学校休んでゆっくり寝ていた方がいいよ」と言うと

やおら、ふらふら立ち上がり冷蔵庫を開け、熱さましの座薬を持ってきて、入れてくれといってきた。
いれたら朝7時には殆ど平熱。
登校していった。
まっ、昼前にはまた熱が上がってきて、早退だろうなと思いきや、放課後の学童では校庭で元気に走っていたらしい。
つくづく丈夫なんだね。

息子は早々と寝入っているし、冬の夜長はLet's enjoy 半身浴タイム!
好きな本片手に極楽極楽♪

12月にノロもどき風邪にやられて3kg近く減ったのに、元気回復すると同時に体重も一挙回復傾向。
あんなに苦しい思いをしたのになんとか減った分ぐらいは抑えておこうと、家では半身浴、その他に泳いでサウナして、

「最近すごくサウナがんばっているじゃない」
顔見知りのおばさんが声をかけてきたので、ノロもどき風邪からの経緯を話すと、いつのまにか話はその時体重が落ちたという点だけが先行し、後日違うおばさんがしげしげと私を見て

「5kgは落ちたね」とつぶやいた。

な、わけないじゃん。
見りゃあわかるでしょ。
噂の威力恐るべし。
本人の実像よりパワーを持つ噂。
こんな風に噂って尾ひれはヒレをつけて広まっていくのね。

サウナには2時間15分も入るつわものもいる。
泳いだ後、学校に用事があったのですませてまた戻ってサウナに入ったらまだがんばる姿があった。
きゃしゃなのに、サウナで毎回2kgは落とすらしい。
「夜おいしく飲みたいからね」
そのお気持ちはよくわかりますけどね。

飲みたい!食べたい!痩せたい!
いつの日も増減の計算は息子の算数以上にあわないことだらけ。
飲まざるべきか、食わざるべきか、それが問題だよね。

(今日の一句)

 また今日も

 噂ばかりが

 先走り

 どうせ痩せない

 噂の女

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »