« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月29日 (火)

またまた盛りだくさん Let's運動会!

昨日はお気楽息子の運動会。
朝目覚めて空を見るとピカーっと満面晴れ模様。
これは息子の動向より、紫外線の動向の方が気がかりだ。
厚化粧&パラソルだな今日は一日。
普段はお気楽野郎だが、行事になるととっても緊張する息子。
幼稚園~1年生まではとってもリラックスしてこちらの心臓がばくばくするくらいマイペースで行事にのぞんでいたのに、人って変わるよね。
運動会の練習が始まってからは、家で毎日徒競走のスタートの練習を始めだした。
私にピストル&スタートを言えと言い、本人走る走る。
「もっともっと早く走らなきゃだね」と言いつつ。
意気込みは素晴らしい。
是非それを結果として形として見せてくれよ。
運動会前日は、器械体操の練習も始めた。
私に座れと言い、その肩に乗る息子。
お・お・重い。46kg。
ひざ立ちまではなんとか出来たが死にそうだ。

「もうこれ以上は無理だよ。お母さん死んじゃうよ」と言うと
「大丈夫。死なないからがんばって足のばして立って」って
立てるわけないじゃん。
よくこんな重いものを肩に乗せられるよ。
若先生のパワーの偉大さをしみじみ感じた。

次は自分が四つんばいになるから、私にその背中に乗れと言う。
そっと乗ったら

「もう、ダメだ。死んじゃうー」

なんだよ。自分は早々とギブアップかよ。
ったくやわな男だぜ。

そして迎えた当日、「運動会楽しみだー」といいつつ、バリバリ緊張してテンパって出かけて行った。
そして徒競走。
一番内側のコースなので、最初前に追いつかなかったが、中ごろから追い上げダッシュ。
あんなに練習したんだから、もうちょっと最初からダッシュしたらいいのに。
まっ、こんなもんか。

騎馬戦は見事勝利で、次にメインイベントの騎馬戦。
苦手なブリッジも逆立ちもがんばっていた。
そして若先生の肩に乗り、両手を広げて飛行機。
次に若先生のひざに立ち、再度飛行機。
緊張しつつもとても気持ち良さそう。
当日まで若先生の体力と首がもってよかった。よかった。
その後も様々な組体操&演技が続いた。
さぞかし練習したんだなと感動した。

ランチライムは学校のすぐ裏のジジ&ババちゃんの家へ。
あげたてのから揚げを前に

「やっぱり飲んじゃまずいよね」(ババちゃん)
「大丈夫だよ。だって校内では飲酒禁止って書いてあったもん」
本当は校外に出るのも禁止と書かれていた。
バレなきゃいいのよ、バレなきゃ。
この暑いのに、からあげ前にしちゃ、やっぱりちょっとピール欲しいよね。
おっとゆっくりしていたら集合のアナウンスが聞こえてきた。
息子とあわてて下に降りると、もうすでに皆全校ダンスの位置についている。
やばい。若先生の姿も見つからず、位置がよくわからん。
飲酒&遅刻。バレなくても相当まずいだろう。
私達を必死に捜す若先生をみつけたところでミュージックスタート。
すべりこみセーフだった。

ここで他校へ飛ばされた(移動した)イメン発見。
一応こちらから声をかけておいた。
「○○君、がんばってますか?」
(ますか?じゃなくて、ますねって言ったらどうよ。相変わらずこいつ中味がちっともイケテ
 ないよ)と胸中では思いっきり毒気づきながらも、笑顔はにっこりと

「はい。おかげ様で。○○先生重いのにがんばって下さってとても嬉しかったです」
「そうですね。5年生になってからまた一段とずっしり重くなったような・・・」

また体重の話かよ。
あんたこそ、ちっとは脳みその増量に励んだらどうよ。
あんたつくづくせっかくのイケテル面を無駄にしてるよね。
なんて思いつつ、前方を見ると担任の先生の姿が。
この人連絡帳でも子供のいい面を書いてくれて、細やかでとても優しい。
ったく、イケメンぼおっと運動会日焼け(昨日運動会だったらしい)して、ニタついていないで少しは見習えよ。
担任の先生はとてもいい人だけど、小柄でメンは・・・触れるのはやめておこう。
イケメンは、メンはいけてるけど、ちょっと頭悪すぎ。
そこへ、2年の時の担任の先生がさっそうと走る姿が。。。
長身で性格も頭もいいし、面もまあまあ。
担任の性格&気配りと、イケメンのメンと、もう一人の先生の長身スタイルがあれば、毎月個人面談申し込んじゃうのになあ。
天は一人に多くは与えてくれないんだよね。

(今日の一句)

 運動会

 あれやこれやで

 てんこもり

 汗の数だけ

 ドラマはじける

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月23日 (水)

夢見る頃をとっくに過ぎても

今週末の日曜日は息子の学校の運動会。
だもんで、ここのところ、毎日毎日時間割りは体育だらけ。
お祭り騒ぎ大好きなお気楽息子は、毎朝上機嫌で学校へ出かけて行く。
もうすでに学校に行くと毎朝皆とっとと体操着に着替えるらしい。

1時間目 体育
2時間目 体育
3時間目 体育
4時間目 英語
5時間目 学活
6時間目 クラブ活動(バスケットボール)
おまけにこの後、スイミング。

殆ど体動かして一日が終わるわけか。。。
頭の中動かす時間・・・なしね。
どうりでお気楽野郎が絶好調なわけである。

「ブリッジと逆立ちを家でも練習してください」との事だったので、家で補助してやろうと思ったら、重くて、ぎっくり腰になりそうだった。
だって、45kg。
されど若先生はこいつを肩車して、お気楽野郎は先生の肩にのりながら飛行機みたいに手を広げて、すっかりいい気分らしい。
先生、当日まで持つといいが。。。
こいつを肩車、考えられない。
先生、首の骨折らなきゃいいけど。。。

家でも運動会の練習でやっているのか、怪しげな腰つきで踊りを披露してくれる。
踊り大好きだからね。
いっそ朝から晩まで踊り&体育の小学校がありゃあねえ、幸せなのにね。
息子の激しいまでに?個性的なパフォーマンスの踊りを見つつ、ふとTVに目をやると
いやあ、久しぶりに郷ひろみが歌って踊る姿を発見。
この人本当に50歳過ぎているとは思えない。
赤いストライプにワイドクレリックのYシャツ、これにジャケットが赤いチェック、しかもネクタイが赤紫?と見ていたら、ペーズリー柄。
こんな組み合わせ普通ちんどん屋になっちゃうけど、可愛くきこなしちゃってるものね。
横で夫が見ながら

「やっぱり派手にしないとな」と自分もピンクのストライプのYシャツをだしてきた。

いや、派手にした方がいいとは思うけど、それが似合うってことがもっと重要なんじゃないか(ま、いいや。私が着るわけじゃなし)

ひろみ GOのノリノいい曲にパワーをもらったところで、久しぶりに部屋の片隅に眠っていた自転車こぎマシンを出してきた。
30分こいだら汗びっしょり。
快調、快調。
この汗の感じだとさぞかしと思い体重計にのってみると・・・
わずか300g減。

相変わらず体重計は夢を見せてはくれない。(涙)
一夜あければスターなんて・・夢があればいいのにねえ。

(今日の一句)

 一夜明け

 気がつきゃ体重

 5kg減

 そんな神話を

 誰かかなえて

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月15日 (火)

ボケても金は好きでっせぇー

職場への行き帰りの電車の中と、昼休み用にいつも図書館で借りてきた本を読む。
なんてたって今はPCで検索してリクエストをだしておけば、他の図書館からも取り寄せてくれて、届いたらお知らせメールを送ってくれる。
図書館で時間をかけて本を探すまでもなく、また新しく入った本についての情報もPCで見れるので、ほぼまっさらな本まで読めちゃう。
おまけに読み終わったら返せばいいから、家の中に本たまらないしね。
まさに読書天国。
久しぶりに新刊の日本の軽めの内容の小説を借りた。
いつもカフカなどをむさぼり読む私だけどさ。
(そこまで無駄な見栄を張ると悲しくはないかい)
ざっと言うと、悩んだ末にマザコン男と離婚する話だけど、バッカバッカしいーと思いつつも昼休み一杯読みふけってしまった。

そして午後突然の電話から職場に事件勃発!
依頼者のおばあちゃんがボケちゃって、うちの上司に預けたのを忘れて、持って行ったとさる中央機関にクレームだしたらしい。
で、その足でおばあちゃんこちらへ向かっているらしい。
小説に没頭している場合じゃないって。
生ライブじゃん。
おばあちゃん、かなり逆上しているらしくて、まあ、これは有り得ないと思うけれど、そっと刃物でも持ってきてたりして。
その場合は上司に先に向かってくれるよね。
入り口から近いからって私が先ってことは・・・。
とにかく自分の身が一番。隣の事務所にとびこんで警察に連絡してもらわなきゃ。
おっと、でもこの近くに大きな警察署があるのだけど、そこは以前息子が迷子になった時に届け出たところ。
で、最初に出てきた刑事の

「そういう子は首になわでもつけておかなきゃ」

にきれた私。

「もう自分で探すから結構です。お宅になんか頼みません!!」

と警察署を飛び出したら、その刑事が真っ青な顔をしてあわてて追いかけてきてとりなしてきた。
出ていく私と引き止める刑事でもみあいになり、押されて倒れて腕に傷を負った私。
(まあ、ひどくない傷だけど)
ただでさえもキレていた私は、キレている状態×10にふくれあがり、そのまま外へと消えていった。
警察の方は、その後さんざん捜してきて、私に連絡とれてからは、うちの車が移動するたびに数台の護衛つき。
息子の為に警察官30人出動。
あの警察署じゃあ、ちょっとした顔なんだ私。
警察に連絡してかけつけてきた奴が「あなたはあの時の・・・」なんてうちの上司に余計な事言わないよね。
あっ、でもその時は上司息も絶え絶えで(って勝手に刺されると決定されている)虫の息だから何言われても聞こえてないか。
あれよあれよというまに、妄想はふくれあがる。
小説読むより、いっそ書いちゃった方が早いじゃん。(火曜○○ペンスの見過ぎ)
そのうちドアのノックの音が・・・
あのおばあちゃんだ!!

でも当然のごとく、刃物なんて持ってくるはずもなく、最初は怒っていたけど、すぐに話もわかってきたのか、間もなく落ち着いてにこやかに帰っていった。
妄想の後ではちょっと拍子抜けしたけど、でも本当にボケってやっかいだ。
いっそ全部ボケてくれりゃあ皆にわかるけど、しかるべき所にクレームつけるなんてまともに見える行動もとるので、話がややこしくなる。
私もいつかあんな風になるのかなあ。
私の場合はきっと

「まだメシくわしてもらってへん」じゃなくて
「まだ小遣いもらってへん」だろうなあ。
でもうちのお気楽息子じゃあ、
「母ちゃん、今朝も100万円渡したじゃない。やだな忘れて」なんてごまかされて、こっちの通帳からおろされて、息子のポッケに入っていたりして。
危ない危ない。(この妄想自体が一番危ないだろう)
それか、ボケた私なんてどこかに捨てていくかもしれないなあ。
そしたら化けてこづかい貰いに行ってやる!!
(化けになってからこづかい何に使うっちゅうねん)

一件落着と思いきや、次にアポなしの依頼人が・・・。
都会のど真ん中の土地持ちバアちゃんのドラ息子ちゃん。
バアちゃん死んじゃって、多くを相続。
息子ったって、もうすでにいい年のおじちゃんなんだけどね。
普段は企業ぐるみの仕事が大半だから、こんなに楽しいお客さん達が勢ぞろいの日って珍しい。
それにしても先にきたおばあちゃんも少なくない貯金をすぐ忘れちゃうし、次にきたお金持ち息子はドラちゃんだし。
皆私に渡してくれりゃあ、もっと有効にお金を使ってあげるのに。

ドンペリあけて♪
キャピアを食べて♪
エステをうけて♪
バッグを買って♪

もっともっと有効に使ってあげるよん。

(今日の一句)

 ボケたって

 お金のことは

 忘れへん

 なんぼくれても

 かまいまへんで

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年5月 7日 (月)

虫もしたたるいい女

GWが終わった。
二度ほど遠出をして、じじちゃんがサイクリングに連れて行ってくれたり、GW最終日は雨だったので、映画に連れて行ってくれて、多大なるじじちゃんのご協力のもと、無事に終了。
それでも映画に行って戻ってきた午後、しばらくすると

「さあ、出かけるか」
(出かけるわけないじゃん。雨だよ)

「なんだか出かけたいなあ」
(なんでよ。こんな雨の中、どうしてそんな気分がわいてくるわけ?)

数々の出かけたい攻撃を、無言攻撃と二人でお風呂タイム攻撃で何とかかわして最終日も終了。
翌朝はうずうずして学校に向かって飛び出して行った。
私とのお風呂タイムより、学校の方が楽しいか、やっぱり。

GW明けてみると、体重がちょっと増えていた。
ったく、プールヘもせっせと通っていたんだけどなあ。
(同時にせっせと食べて、せっせと飲んでいたからか)
頭痛い。
でも、もっと頭の痛い出来事が勃発。
なんと蚊に顔を5ヶ所もさされてしまった。
1ヶ所おでこの真ん中など大きく赤くなってものすごく目立つ。
前髪はおろし、うつむきがちの女。
また不幸癖とれなくなってきちゃったよ。
同じ部屋で夫も息子も寝ているのに、さされているのは私だけ。
しかも、顔ばかり。
夫がさされたあとを見ながら

「アルコールの匂いにつられてきたんじゃない。
 糖の匂いによってくるからね」

えっ!!!

蚊をこれだけ寄せ付けるほど飲んだっていいたいわけ!!

自分だってお菓子沢山食べて糖目一杯とっているじゃん。
菓子は匂わないからって、そんな不摂生なあんたに言われたくないって。

頭きて、夕方蚊を見つけた時は、即一発でたたきのめしてやった。
蚊一匹にぜえぜえ興奮して立ち向かっちゃったよ。
あの蚊ふらふら飛んでいたけど、まさか酔ってたんだろうか?

ババちゃんに、蚊にくわれて、アルコールのせいだった言われたと憤慨しながら話すと

「それはそうよ。だって落語にもあるじゃない。今日は飲みすぎたから、蚊にさされないように2階に上がって寝ることにするかと」

「なにそれ」

「だから、2階に上がっても蚊は飛んでこれるのにっておちよ」

あー、なるほどね。
そういうおちね。
落語だからね、ハハハって

おかしかないんだよ。全然。
不幸な気分に加速がついただけだよ。

息子だけが一人心配してくれて

「かわいそうにね。よしよし」と傷口?をなでてくれた。
「あんたは実にいい奴だね」と目を細めていたら

「もう、切っちゃうか」

切っちゃえないんだよ。
もう、ほっといてくれよ。
一時でもあんたを信じた私が馬鹿だった。

夜、お風呂に入ったら、腕の辺りがぴりぴりするので腕の内側を見ると、無数のひっかき傷。

一体夜寝ている間に何が起きているのか、私の体。

ちと古いが、エクソシストでもこの館(ほんのこぶりの3LDKだけど、うち)に住みついているんだろうか。

(今日の一句) 

 虫さえも

 ほっておかない

 いい女

 いい男らは

 なぜほっておく

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年5月 2日 (水)

魔法の呪文で痩せさせて

GWはお天気も快晴。
箱根へ出かけて温泉につかる。
富士山もくっきりとても綺麗だ。
温泉に入って、飲んで食べて、富士山見て、また温泉に入って飲んで昼寝して、すっかり骨抜きに気持ちよくなってぼんやりふにゃふにゃしていたら、息子がさっと私のお腹の肉をつまんで一言。

「ものすごく太ってるね」

そりゃあ、太ってるよ。
充分太ってますよ。
でもものすごくってあーた、あんたに言われたかないんだよ。45kgのあんたに。

ぶつぶつ言いながら、またさらに昼寝をしてまどろんでいたら

「さあ、帰るよ。服着て。
 あっ、化粧して」

引き続く息子のきっぱりときびしい一言。

うるさいなあ。もう少し時間あるじゃん。

「さあ、靴はいて」とまで言われて、一挙に現実の世界へ。

帰りのドライブは富士山を見ながら、ラジオから流れるはアニメ特集。
なつかしいアニメソングを殆ど歌えるのもある意味悲しいけど。
年隠そうと思っても、ついのりのりで歌っちゃうんだよね。
カラオケ行くと必ず歌う「セーラームーン伝説」がかかった。
この歌大好きなんだ。
で、次はアルプスの少女はハイジ。
これも毎週かかさず見ていた。
なつかしすぎるよー。

アニメ以外の主題歌もかかり、

「金メダルへのターンをめざして」や
「踊ろう赤い靴♪」
赤い靴のバレエドラマは大好きで、あの頃ビデオなんてものはなかったから、録画なんて出来なくて、塾からダッシュで帰って急いでTVつけて見ていたんだけど、あまりにも急いで興奮してチャンネル回してチャンネルはずしちゃった事もあったっけ。
あの頃はチャンネル回すやつだったしね。
あんなスリルと感動はビデオ、いやDVD世代の今の子供達にはわからないだろうなあ。
なんてたって、「とびうおターン」なんて、ターンした後、空飛んじゃうんだもんね。
よく学校のプールでまねしあいっこしたよなあ。
ロケットじゃああるまいし、空飛べるわけがないのにね。
「やり方悪いのかなあ」なんて、友達とあれこれ研究して練習を重ねてた。
小学校時代なんて、毎日おかしな事に夢中だったよね。

息子もよく学校でおどけたり踊ったりしているけど、そんなお馬鹿なことが一番面白くて楽しいんだろうね。
家でもこれは学校で皆が言っているんだろうなあと思われる、くっだらないギャグをよく披露してくれる。

今日はGWの中日。
私達は仕事で、息子は学校。
明日は全校遠足なんだけど、楽しみで楽しみでせっせと枕もとにお菓子の箱を陳列している。
食べられる少量ってパンフには書いてあって、どれを選んでどれを置いていくかという問題にとても頭を悩ましている様子。
頭とはそういうことに使うのか、少年よ。
友達からのコメントによると、給食もとってもお代わりしているらしい。
ちまたで騒がれている給食未納問題なんてもっての他、本当は倍払わないといかんのかうちは。
大体1日約100円(もちろん補助がでているわけだけど)であの素晴らしい献立。
明日はごはんをぎゅうぎゅう(ご飯だけでお弁当1個)詰めて、お弁当しっかり作ってやらないとね。
いいよなあ、まだ上に伸びるから、思いっきり食べれて。
こちとら横にいくのみだもんね。

(今日の1句)

 10kgと

 わがままなんか

 言わないわ

 せめて5kgを

 魔法で削って

| | コメント (39) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »