« ババちゃんよりも厳しいビリー様 | トップページ | その後のビリー、そしてWii »

2007年7月24日 (火)

おだてに弱い血筋族

金曜日は終業式だった。
先生が変わって初めての通知表。
何せ、本人気ままな方ですから、今回はどんな評価がついてくるか気がかりだった。

朝、「今日通知表だね」と声をかけると

「心配しないでー」と明るい返事。

心配だよ、心配。
心配してないのは本人ぐらいだよ。

イケメンの時なんか、面談でいいこと言っていたくせに、通知表あけてみたら、

「全然言っていることと違うやんけー」

とどたまにきた。

早速
「あんたみたいなノータリンにうちの大事なお坊ちゃんの評価をあったらごとくつけられる筋合いはないんだよ。ふざけんなよー」

と言った内容を、変換キーで、丁寧、気遣いされど言うことはきっちりモード、おどし注釈つきのお手紙を作成して出したこともあったなあ。
もう手紙書いたりするのは嫌なんだけどな。

で、そうこうするうちに息子が通知表を持って帰ってきました。
ジャーン。

主要教科、意欲と努力の項目が全部よい評価だった。
なんかとっても嬉しかった。

だって、お気楽野郎は毎日言われなくても、こつこつやってるんだもん。
結果はぼちぼち、あちこち、定まらずだけど、あの努力は認めてやって欲しいのよ。
結果の評価のところはもちろん正確にありのままでいいんだからさ。

先だっての面談の時、担任に家庭での勉強の様子を聞かれ

「本人毎日必ず自分からこつこつやっているんですけどね。中々結果が伴わなくて」

「毎日一生懸命やるっていうのは本当にすばらしいことです。全然やらない子もいますからね」

「でも先生、出来る子はそんなにやらなくても、テストの時にちゃんと出来ちゃうからいいんじゃないですか」と私が言うと

「いやいや、勉強はそんなに甘いもんじゃないですよ。そうじゃないですか」

なんか最後の一言ぐっと胸にきた一言だった。
いい先生だな、この人。

で、○○もおだてりゃ木に登る、我々親子はこの通知表を見て、一挙にやる気急上昇。
私は即日学校のドリルをせっせとコピーして、ノートにはりつけ、夏休み学習計画をばっちり作成。
息子は嬉しそうにしながらも、私よりはクールを装っていたが、通知表をもらった日、仕事で帰りが真夜中過ぎになった夫を待ち続けていたらしい。
一度11時頃に布団に入ったのだが、誰かが叫ぶ声で目が覚めた。
見ると息子がベランダから

「お父さん、お帰りー」

と叫んでいる。

びっくり、時計は間もなく1時近く。
世間もびっくりしちゃうよ。
玄関に回ってきた夫を迎えていて、私が通知表を見せると、とっても嬉しそう。
ベランダから叫ぶなんて初めての事。
よっぽど嬉しかったんだね。

人は認めてもらって、褒めてもらうとやっぱり嬉しくてがんばれるんだよ。
わかったか、危険学区地域に飛ばされて行ったイケメンよ。

私も肝に銘じないとね。
褒めることと。
なぜにすぐに忘れるのか。
進歩のない女・・・

(今日の一句) 

 褒められて

 骨抜きその気

 言うがまま

 とどまるところ

 知らずにいけよ

|

« ババちゃんよりも厳しいビリー様 | トップページ | その後のビリー、そしてWii »

コメント

やはり気にしないとはいえ嬉しいよねーうちは厳しいおばさま先生なので思った通りでちょっと厳しすぎじゃんとケチつけたくなるくらいでした。結果としての評価を良くしろとは絶対言わないけど、前向きに頑張れる上手い評価のつけ方にしてほしいねー前の新卒担任には私も手紙書いて指導したけど、このプライド高き先生はほっときます。うちもコツコツ型なので、今の担任の先生の言葉は本当にぐっときますねーー。それに息子君本当にうれしかったんだねーとっても純真で気持ちが伝わってきます。うちなんか通知表なんか目もくれず興味なしというかわけわからんご様子。一生懸命褒めてもぜんぜん(-◇-)ひびかないのです。褒めは自信につながるし、やっぱ大事な事ですねーヨッシャー今日も褒めまくろう・・・(^◇^)

投稿: チャッキー | 2007年7月24日 (火) 15時38分

ちゃっきーさん>そうだよね。絶対評価なんだからさ。本当につくづく思うんだけど、先生のお仕事は生徒を評価する事ではなくて、やっぱりどの子も前向きに頑張れるような気持ちになるように応援する事だよね。誰でも褒めて悪い事にはならないんだからさ。特に子供はそうだよね。先日他のクラスのお母さんと話す機会があり、PTAの役員なので先生情報にも詳しく、うちの担任の先生の事に話が及び、そのお母さんも「あの先生はさ、ハートがあったかいんだよね」まさしくそうだなと思いました。見た目は淡々としているんだけどね。うちも通知表持ち帰っても見せるでもなし、ノーコメント、興味なしの様子だったんだけど、夜になったら叫んでいたのよ。だからすぐにぱっと気持ちを表現するタイプとじわじわ喜びが深いタイプと子供だって色々なんだね。正直親からすると褒めるってすごく大変な仕事なんだけど、たまには反省して私もがんばろうと思います。

投稿: たんちゃん | 2007年7月25日 (水) 15時34分

すっすごい!
うちなんて・・・あんなに努力しているのに(本人と私の評価ですが)ってな通知表でした。
ベランダからお父さんと叫ぶ姿を想像し、胸が詰まる思いがしました。親子とも良く頑張った証だね。
うちもお尻に火をつけて頑張らせねば・・・
私も沢山褒めてその気にさせないと・・・ついつい意地悪知っちゃうんだよね~~~~。

投稿: achan | 2007年7月26日 (木) 12時16分

いやいや、全然すごかあないのよ。うちの喜ぶ基準っていうのはものすごく低い所にあるわけで、うちはほれ1年の時の通知表から色々な歴史があったからね。息子さんすごくがんばっているし、よく出来るもの。うちからみたら本当にうらやましいです。担任の先生が前に連絡ノートに私が書いた勉強の話について、「少しづつこつこつ出来る部分を伸ばしていくことだと思います。余り無理はせず、その日出来ることをがんばって取り組んでいけるよう、応援してあげて下さい」その通りです、先生と純真な気持ちを持ったのもつかの間、がんがん計画たてちゃう母なんですけどね。しょうがなじゃん、母も人間だもんってね。

投稿: たんちゃん | 2007年7月26日 (木) 17時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168092/15862356

この記事へのトラックバック一覧です: おだてに弱い血筋族:

« ババちゃんよりも厳しいビリー様 | トップページ | その後のビリー、そしてWii »