2007年8月 2日 (木)

その後のビリー、そしてWii

入隊したのはいいけれど、所詮エアロバイクやサウナスーツと同じ運命をたどっているんじゃないのと思っているあなた(って誰だよ)
おかげさまで私の入隊生活はその後も順調です。
と、えばれるほど順調とは言い難いけれど、一応毎日続けています。
というのは、完了終隊の日を迎えられないからでもあるのだ。
ビリーのプログラムは7日間。
1,2日目は基本プログラム。3,4日目は応用プログラム。この4日間はビリーバンドも使って55分。時間も長いしバンドも使うと大変で、大変辛いがなんとかかんとか終了。
5,6日目のプログラムは腹筋プログラム。
腹筋中心で決してすごく楽なわけではないが、時間も36分と短め。
ビリーバンドも使わず、最初のプログラムに比べるとやはり少し楽。
なので、この先の最終日7日目に中々進めずにいるのだ。
でも腹筋プログラムを1週間以上やっているので、Wが心持細くなってきたような・・・。
あと、人には、「顔が少しやせた」と言われる(注)私に言わされる人も多し)
ちったあ、効果でているのだろうか?
少しと言わず、どーんと効果がでても全然かまわないんだけどねえ。
毎日ビリーが待っているなと思いながら、開始時間はどんどんずるずる延長。
息子が勉強開始時間を何度か変更する気持ちがよくわかる気がする今日この頃。
それにしてもビリーはこんな事を毎日欠かさずにやっているのか。
だからあの体格で恐るべし体脂肪5%。
たまには休みたいが、体重計にのると、「今日もビリーは必修」という答えが出てくる。
ふうー、、、ため息。
まあ、もう少しがんばるという事で。
その後のWiiは・・・
こちらは絶好調。
息子も私も毎日開始時間1分たりとも遅れることなく、日々記録の更新に邁進続けております。
そろそろビリーやらなきゃならないんだよねと後ろ髪をひかれながら・・・

(今日の一句)

 ビリーとは

 切っても切れぬ

 仲となり

 休みとれずに

 今日も入隊

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007年7月24日 (火)

おだてに弱い血筋族

金曜日は終業式だった。
先生が変わって初めての通知表。
何せ、本人気ままな方ですから、今回はどんな評価がついてくるか気がかりだった。

朝、「今日通知表だね」と声をかけると

「心配しないでー」と明るい返事。

心配だよ、心配。
心配してないのは本人ぐらいだよ。

イケメンの時なんか、面談でいいこと言っていたくせに、通知表あけてみたら、

「全然言っていることと違うやんけー」

とどたまにきた。

早速
「あんたみたいなノータリンにうちの大事なお坊ちゃんの評価をあったらごとくつけられる筋合いはないんだよ。ふざけんなよー」

と言った内容を、変換キーで、丁寧、気遣いされど言うことはきっちりモード、おどし注釈つきのお手紙を作成して出したこともあったなあ。
もう手紙書いたりするのは嫌なんだけどな。

で、そうこうするうちに息子が通知表を持って帰ってきました。
ジャーン。

主要教科、意欲と努力の項目が全部よい評価だった。
なんかとっても嬉しかった。

だって、お気楽野郎は毎日言われなくても、こつこつやってるんだもん。
結果はぼちぼち、あちこち、定まらずだけど、あの努力は認めてやって欲しいのよ。
結果の評価のところはもちろん正確にありのままでいいんだからさ。

先だっての面談の時、担任に家庭での勉強の様子を聞かれ

「本人毎日必ず自分からこつこつやっているんですけどね。中々結果が伴わなくて」

「毎日一生懸命やるっていうのは本当にすばらしいことです。全然やらない子もいますからね」

「でも先生、出来る子はそんなにやらなくても、テストの時にちゃんと出来ちゃうからいいんじゃないですか」と私が言うと

「いやいや、勉強はそんなに甘いもんじゃないですよ。そうじゃないですか」

なんか最後の一言ぐっと胸にきた一言だった。
いい先生だな、この人。

で、○○もおだてりゃ木に登る、我々親子はこの通知表を見て、一挙にやる気急上昇。
私は即日学校のドリルをせっせとコピーして、ノートにはりつけ、夏休み学習計画をばっちり作成。
息子は嬉しそうにしながらも、私よりはクールを装っていたが、通知表をもらった日、仕事で帰りが真夜中過ぎになった夫を待ち続けていたらしい。
一度11時頃に布団に入ったのだが、誰かが叫ぶ声で目が覚めた。
見ると息子がベランダから

「お父さん、お帰りー」

と叫んでいる。

びっくり、時計は間もなく1時近く。
世間もびっくりしちゃうよ。
玄関に回ってきた夫を迎えていて、私が通知表を見せると、とっても嬉しそう。
ベランダから叫ぶなんて初めての事。
よっぽど嬉しかったんだね。

人は認めてもらって、褒めてもらうとやっぱり嬉しくてがんばれるんだよ。
わかったか、危険学区地域に飛ばされて行ったイケメンよ。

私も肝に銘じないとね。
褒めることと。
なぜにすぐに忘れるのか。
進歩のない女・・・

(今日の一句) 

 褒められて

 骨抜きその気

 言うがまま

 とどまるところ

 知らずにいけよ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月18日 (水)

ババちゃんよりも厳しいビリー様

それはある午後のことだった。
ふとつけたTVに巷で今話題のビリーの姿が!!
これがあのビリーズブートキャンプか。
何人かの外人と一緒に小堺一機も汗びっしょりでエクソサイズ。
足上げキックなんかもあって、結構気も晴れそう。(これ以上まだ何を晴らしたいのさ)
出ている女性陣の腹筋は、皆見事に割れていて、最近なんてたってお腹回りに日々頭を悩ませている私には、夢のようなあこがれお腹。
折りしも数日前、バレエ仲間の間でもこのキャンプのことが話題になっていた。
メンバーの一人曰く

「後輩があれで、すごくやせたのよ」

そんなに効果あるの!!
皆一斉に耳を傾けた。

「でも、もう一人の友達は、買ったけどきつくて挫折したって」

ふーむ、それほどまでに厳しいのか。
今日TVで見た限りでは、きつそうだけどなんとかやれそう。
早速You tubeで検索して、TV番組中のビリーのエクソサイズを見つけてやってみた。
結構楽しい。
なんだかとってもDVDが欲しくなってきた。
夫に話すと
「買えばいいじゃん」との答え。
でも部屋を見回せば、エアロバイクは息子の明日の洋服置き場。
サウナスーツは押入れの中。
悲しい減量失敗物語の爪あとがあちらこちらに。
「やっぱりやめとく」
「なんで?」
「だって、貯金減るし」
夫呆れ顔で「カードで買えば」と。
カードで支払い→夫の支払い→自分の貯金減らない、の図にキャッホーとやっぱり買ってしまった。
あれだけTVでしょっちゅう流されたら、つい欲しくなっちゃう。
ビリー来日の効果絶大。
ジェット機一台、チャーターしても元とれるよね。
待ちきれずにすぐに箱をあけてDVDをセット。
ビリーバンドも用意してスタート。
でたでた我らがビリー。
最初から結構かっ飛ばしていく。
10分で既にゼーゼー。
ビリーは

「これは基本だからね。まずこれをきっちりおさえて、そして次へとやっていくよ」

えっ、これ基本?
マジっすか。
私には充分進化したものに思えますけど。
15分ぐらいたつと、冷房の効いた部屋でも汗びっしょり。
画面のお姉さん達は笑顔で続行。
なんだか非常に辛くなってきた。
なんたって、間の休憩が少ないんだよね。

「みんな、反対側もやりたいか?」のビリーの声に

「いえ、もう、結構です」とつぶやいたのは私だけ。

画面のみんなは

「もちろんだよ、ビリー」
「待ってました、ビリー」

みんな、ちっとは自分の気持ちに正直になろうよ。
ビリーバンドを使いだすところから、さらにキツイ。
腕に効いてびんびんしちゃう。

「バンドで鍛えておけば、後でバンドをはずして同じ動作をやった時に、動作が軽く感じて自分でびっくりするぜ」とビリー
びっくりできなくてもいいから、もうそろそろ終わりだと言ってビリー。
私の願いはビリーには届かず、それから先も厳しい腹筋に腕立てふせ。

「がんばれば結果は必ず出る。
 彼女達(後ろの女性の方々)の腹筋すごいだろう。4,5人も子供を生んだママさんだっ
 ているんだぜ」

それはすごい。
4人も子供がいて、この激しいエクソサイズ。
ちなみにへとへとに疲れた後の家事は誰がやってんの?
子供4人分の洗濯して、送り迎えして、ごはん食べさせて、風呂入れて、勉強みてやって、明日の用意させて、このエクソサイズやったら、腹筋じゃなくて、頭の方が割れそうだよ。

やっとビリーがクールダウンしてくれた。
皆を集めて手をつないで「Victory!」の大合唱。
大合唱は皆さんにおまかせして、私はよろよろした足どりで体重計へ。
-500g。
明日もビリーは待っていると。
入隊生活は7日間続く。

「自分を信じろ」とビリー
この世で自分ほど信じられないものはないんだよ、ビリー。

(今日の一句)

 腹筋も

 ヒップも全て

 鍛え上げ

 明日も無事に

 歩けるだろか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月 9日 (月)

お馬鹿は血筋か?

夏目前にした梅雨の日々。
今年は雨も少ないけれど、それでもちらほら降る雨に

「今日の学校のプールは中止です」

と言った日々が多い。
困るんだよそういう事じゃ。
プールの授業はちゃんとやってくれないとさ。
ただでもお気楽息子は体力もてあまし気味、体重もてあまし気味、私もこいつの扱いにもてあまし気味の日々なんだから。
皆の幸せの為にもプールはやってくれよ。

そして迎えたプール授業の日。
朝から雲一つないぴっかぴかのお天気。
気温も上々。
朝から高めの設定。
夫に
「今日プールあるよね」と言うと、
「当たり前だろう。今日やらなかったらいつやるんだよ」ときっぱりした返事。
この人がここまで自信を持って発言するなんて珍しい。
(日々自信とやる気をくじかせているのは私か、やっぱり)
よっしゃあ、今日はプールだね。
ジャンプしながら嬉しそうに登校していく息子の背中を満面の笑顔で見送った。
これで少しは体力も体重も消耗してくるはず。
午後も「今頃は大はしゃぎ」なんて場面を浮かべて、こっちまでルンルン気分。
やがて息子帰宅。

「今日プールよかったね。どうだった?」
「今日プールなかったよ」

驚愕!!!

「なんで??」

「だって今日5時間で終わりだったから」

確かにプールは5,6時間目の予定。
だからってキャンセルかよ。
どうしてよ。今度いつ晴れるかわからないじゃん。
もー、あったまきたなあ。
がっかりだよ。

夜、じじちゃん、父ちゃん、それぞれ飲み会&お仕事で不在の為、ばばちゃんうちにきて一緒にお夕食。
ワインかたむけながら、

「ったく、こんな日にプールやらないなんて信じられないよ。
 図工(1,2時間目)なんていらないからさ。そんなもん家でやらせるからさ。(決してやる
 はずもない)
 プールやってくれればいいのにさ」
「なんでプール今日なかったの?」
「5時間目で終わりだったんだって。またどうせ必要もない教師の研修かなんかじゃないの
 。」

と背後のミニカレンダーを覗くと・・・
そこには驚きの事実が・・・

今日はなんと保護者会だった。
しかも林間学校の説明会。
なので保護者会早めの時間にスタート。
久しぶりに自分自身に驚愕しちゃった。
ただでも

「○○君、お母さんと離れて泣いちゃったりしないですか?」

なんていらぬ心配されている対象物なのに、
その母は説明会にも現れず。
その上、ご丁寧にプール道具まで子供に持たせて御登校。
その前日、ちょっと用事があって終礼の時間の前に迎えに行って連れて帰ったから、連絡帳も書いてなかったんだよね。
早く連れ帰るってわかっているんだから、連絡帳ぐらい書かせておいてくれよ。
(信じがたい責任転換)

まっ、先生心から私に失望しただろうね。
だから私なんてあてにしちゃ駄目だって。
始業式の時のごとく、林間学校の出発日間違えて、ばばちゃんキレさせないようにしないとね。

くわばらくわばら。

(今日の一句)

 若ボケか?

 それとも元が

 お馬鹿なの?

 自分の事が

 読めない私

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年7月 3日 (火)

酔わせてごめん

ほんの小さな出来事ですが、昨晩おーたまげーしょんしてしまった出来事が・・・
昨日はスイミングのテストだった。
週2回通っている息子は、テストも2回受ける。
夫も祖父も

「随分うまくなってきたぞ」

と言うので、しばらくぶりに見ると、私から見てもちょっと上達した様子。
これは期待。
これは一挙に驀進か!
だから大器晩成だっていったじゃないのよと思いっきり期待してテストにのぞませると・・・

沢山ある中の1ポイントだけかよ、あがったの。

思ったように、あんたって何やってもダメね。

スイミングのつまずきで、過去のこともすべてほじくりかえされて非難される可愛そうな息子・・・(と思うならやめたれや)

で、昨日2回目のテスト。
どうせ駄目に決まってるってとふてた気分で見学。
出来はまあまあかなと思ったけど、どうせ今日もさ、駄目さね、とふてた気分で息子の持ってきたテストカードを見ると

3ポイントも一挙に驀進!!

「あんたはやる時はやってくれる男だよ。
 私しゃあいつも信じていた」
(その場その場で生きる母)

本人も嬉しいから一番初めに下のサウナ室から上がってきたわけか。
それにしても普通子供はこんな時に

「聞いて、聞いて」

ってな感じで報告してくるよね。
相変わらず聞くまで何も教えてくれない。
こいつって奥ゆかしいのかなあ。
本当によくわからない。
それでもババちゃんが、「よかったね。偉いね」と言うとガッツポーズ。
やっぱり嬉しかったんだね。

テストがんばったら、息子の大好きな近所のメキシカンレストランに連れて行くと約束していたので、夫仕事で不在の為、二人で出かけた。
息子相変わらずの食欲でたらふく食べ、私もマルガリータでメキシカン♪、二人とも楽しくご帰還。
家に戻ってTV鑑賞。
しばらくしてのぞきに行くと、息子何だかとっても上機嫌。
やっぱり嬉しいんだね。
それにしてもものすごく上機嫌。
何だかウルトラハイだね、
と思いつつ、ごみを捨てようとごみ箱のふたを開けるとそこに

カルピスサワーの空き缶が!!

忘れてたこれ。
半分飲んだところで電話がかかってきて、あわてて冷蔵庫にしまったままそのままになっていたんだっけ。

これ、あいつ飲んじゃったんだ。
カルピスソーダと間違えて。

だから、あのウルトラハイ。
勉強やっていても、怒ろうが、嫌なことを指摘されてもまるでニコニコでおっかしいと思っていたんだよね。
やばいなぁ。
今更どうしようもないなあ。
明日二日酔い・・・小学校5年生で既に・・・

翌朝起きたら元気そうな様子。
文句言うこともなく漢字&計算をこなしていく。(やばい、こいつやっぱりまだ酔ってんのか)
まさか連絡帳にかけないしなあ。
昨晩の飲みすぎ、どうかばれませんように。

(今日の一句)

 あれこれと

 何でも揃う

 保健室

 二日酔い用

 薬はないよね

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年6月19日 (火)

驚き桃の木おったまサンデー

平々凡々に過ぎていく毎日。
突然アラブの王様がやってくるわけなどなく(金銀パール手土産にちょっと寄ってくれてもいいけどさ)
お気楽息子が突然大秀才に変身して世間をあっと言わせる・・・訳もなし。
(びっくりする成績に相変わらず私があっと言わされる位が関の山)
まっ、日曜の朝突然家の下で校長に遭遇するぐらいが大ハプニング。
ところが昨日これを一挙に上回るような出来事が。。。

日曜日、息子のスイミングも休みだし、そういえば昨日突然動物園に行きたいって言っていたっけ。自分のスイミング&サウナ終わったら連れていくかなと思いながら、プールへ出かける支度をしているところへ、夫が突然やってきて

「今日、うちの親くるからさ。迎えに行かなきゃならないんだ。お昼、ハイアットでランチ予約したから、その後ヒルズの展望台でも行くかな」

うちの親って、それはひょっとして私の舅、姑??
札幌からやってくるってこと??
今日!!

夫は普段から口数が少ない人だが、ここまで少ないのも初めてだ。
本当に驚いた。

「何時に迎えに行くの?」と聞くと
「7時15分には家を出る」と。
今はもう6時30分なんだけど。
息子も連れて行くかというが、突然言われた息子はおかんむり。
いくらお気楽野郎だって怒るよ、そりゃあ。
動物園での一日を思い描いていたんだから。
結局迎えに行ってから動物園へ行き、そのあとランチというスケジュールで両者落ち着く。

「そんな大事な話ははよ言わんかい!」と一発キレそうなところだが、時間も迫っているし、両者の間に入って調整に大わらわ。
怒る暇もありゃしない。
私も一緒にくるかと聞くのでランチから合流する旨速やかに伝えた。
急いでシャワーを浴びて、二人は出かけて行った。
日曜日の朝からふってわいたような災難(おいおい)。
びっくりして腰が抜けそうになったが、この暑くなりそうな天候の中、動物園もおまかせで免れ、昼までフリー。
泳いで、その後ゆっくりサウナに入れるじゃん♪
両者の調整に悪い頭フル回転した甲斐があったよ。
泳いでサウナに入ってすっきりした気分で家に戻ったら、ほどなく夫から℡。
お義母さんが疲れちゃってちょっと調子悪くて動物園は行けず、息子と二人、両親が宿泊しているホテルの隣の噴水公園で遊んでいて、ランチも中止。一時帰ってくると言う。
息子ちょっとかわいそうだったなあと思っていたが、本人久しぶりに飛行機も見れて、それなりに楽しかった様子。
帰って軽くそうめんすすって、また外へ遊びに出かけていった。
夕方お義母さんの調子もよくなったので、息子を呼び戻して、皆で夕食をとることになった。
「何食べに行くの?」と聞くと、懐石料理になったとの答え。
それは息子もお気の毒と思うが(とっとと食べる子なので)、個室もとったというし、出かけて行った。
義父義母が泊まっているホテルの和食。
入り口を入ると部屋まで池があり、川が流れている。
ライトアップされているので、とても幻想的だ。
朝からの展開を考えても、このメンバーでこんなところにいるなんて本当に幻想的だよ。
懐石だからとっても時間がかかり、全行程2時間半かかったが、息子はきちんと居住まいを正し、私にも小声で話しかけ、久しぶりにしかもにわかに突然会ったじいちゃんばあちゃんにもニコニコしながら話しかけて、気配りOK,好感度もなかなか。
マドンナ先生が前に言ったように「ホストへの道」なら行けるかもしれん。
それにしても普段好き嫌いしているのに、ここじゃあふきは食うは(おっと召し上がるは)
つぶ貝の中の中まで全て召し上がるは。やっぱりおいしものは箸が進むわけね。
まっ、母ちゃんの食事じゃな。

返す返すもすごい一日だった。
両親は翌日札幌へ帰って行った。
See you again~    ってすぐはやめてね。

(今日の一句) 

 来るのなら

 一言そうと

 教えてよ

 本当にびっくり

 嘘かと思った

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月12日 (火)

羊じゃないのよ、あいつは

日々、学校から持ち帰る連絡帳のチェックは欠かせない日課。
だってこの前のように

突然ですが
「テーマを決めて資料を集めて文章書いてこい」

みたいなおったまげーしょん!!の宿題とか、
明日持ってくるもののところに、いちごの空きパックなんて書いてあったり、
500mlのペットボトルなんて書いてあったり

先生、うちがくだもの屋かスーパーだとでも思ってんの??

と一発かましてお聞きしてみたくなるような無理難題を突然ふってくる。
ったく、もう少し前から知らせろよ。
一週間分の授業計画ぐらいたてとけって。

500mlのペットボトルの時は、気がついたのが夜の8時。
夫に、「しょうがない、買いに行ってくるかな」と言ったら、
夫「下のゴミ置き場に一杯あるじゃん」
えっ、ゴミ置き場からとってこいってか。
いくらなんでも、ばっちくない、それ。
でもまあいいか。ペットボトルは普通のゴミと別になっているし。
洗えばいいか。
夜霧にまぎれて拾ってきて洗って持たせた。
ったく、インターネットでの資料集めからゴミひろいまで、なんでも屋か私は。
と、日々気が抜けないので、連絡帳は早々とこまめにチェック。
そしてこの金曜日連絡帳を見たら

「林間学校についてご相談したいので、一度学校の方へ来て頂けますか?」

なにこれ。
なんでうちのお坊ちゃんが林間学校へ行くのにご相談しなきゃならないわけよ。
もう5000円の一部金、すでに私からもとったじゃん。
一挙にアドレナリン上昇。
一度上昇すると、よく事情を聞くとか、冷静に考えるとか、沈着に行動するとかは全く出来なくなる私。

「うちの子は林間学校にこられたら困るんだって」

と、とんでもない結論をババちゃんに報告。
ババちゃん連絡帳を読んで私よりはよっぽど冷静だったが、私が担任に電話するより早く、振り向けばもう学校へ行っていた。
20分後に事情を聞いて帰ってきた。
(この間に学童の手落ちについても一発意見。学童の先生の謝罪も聞いてきた。相変わらず内容の濃い20分)

で、ババちゃんが先生から聞いてきた話によると、
うちのお坊ちゃんは家ではとってもお気楽野郎なのだが、学校ではとっても大人しくとっても控えめ。
なんでもかんでも女の子達がやってくれて、本人も「よきにはからえ」ってな感じで何でもされるがまま。
先生曰く

「お母さんと離れて泊まって、泣いちゃったりしないですか?」

とババちゃんに聞いたらしい。

えっ、こいつが私と離れて泣く??
何言ってんの、先生。
仮にクラスの全員が泣いてもうちの子は泣かないって。
大体さ、生まれてから一度も私の後を追ってきたり、離れる時に泣いたことないんだって。
前に迷子になった時も警察の人に

「泣いたりする?」って聞かれて、
「それは絶対ないですね」と太鼓判を押したんだから。
案の定、初めて行った土地のイトー○ー○堂の子供広場で楽しくやっていたらしく、泣かないから誰も迷子だと気がつかなくて、中々見つからなかったんだから。
泣くようなたまじゃないのよあいつは、先生。
ランニング姿で牛乳箱飲み、足の指でビデオ操作。
でかでか態度、でかでか肝っ玉の男なんだから。
よそじゃ、そんなにはかなげに見えるのか。
驚き桃の木だよ。
ババちゃんと話して先生安心したみたいだけど、丁度いい機会だから一度先生に会いに行くことにした。
イケメンじゃないし、会うのにワクワクはしないけどさ。
ババちゃん曰く、とても穏やかでやさしくて、話しやすい人らしいから、ま、色々話してくるかな。
もー、あいつ猫かぶり過ぎ。
ちょっとここらで化けの皮をはがしてやらんとね。

(今日の一句)

 母恋し

 別れ惜しんで

 涙する

 そんな息子に

 会ってみたいよ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年6月 5日 (火)

一雷去ってまた一雷

運動会も終わり、何だかちょっと気が抜けた。
色々な思い出と感動が残った運動会。
お気楽息子にはずっしり体格+黒光り日焼けした笑顔が残った。
最近なんて学校から帰ってきたら、ランニング姿で寝っころがりながら牛乳、箱から直飲み、足の指でビデオのチャンネル操作。
厚い胸板、たくましい二の腕、おまけに態度もどーんとでっかくなった。
なのにまだ一人寝が出来ない小学5年生。
いいかげんに私に守られているんじゃなくてさ、私を守ってくれたらどうよ。
兄さん、いい体してるんだからさ。
昔はひょろっとしているなんて言われたのにね。
ため息つきながら今朝出勤途中に立ち寄ったコンビニで週刊誌を立ち読みしていたら、最年少の15歳天才ゴルファー石川遼君の特集。
今じゃスラリとさわやか笑顔だけど、小学校5,6年は丸顔でぷっくりずっしりしていたのね。
心配することないか、年頃になったらきっとスラリと。
私の子だからたとえ違っても文句は言えまい。
石川君のお母さんのコメントが載っていた。

「まるで自分の子供じゃないみたい。小さい頃はぜんそくもちで体が弱くて」

「まるで自分の子供じゃないみたい」・・・ああー、一度でいいからいつかこんなセリフ言ってみたい。
違った意味で日々よくこのセリフをつぶやいておりますが。。。

重いのに肩にまで乗せて演技させてくれた先生にお礼の手紙を書いた。
先生からお返事。

「運動会、よくがんばりました。運動会は終わりましたが、5年生はまだ始まったばかりで
 す。これからは学習もがんばらせたいと思います。」

肩に乗せてくれた上に、学力もつけてくれるの、先生。
いいところだ、小学校って。

と感激していたら、翌日から宿題にも拍車がかかってきた。
記録文を書くので、調べたいテーマを決め、資料を集め、文を書くべくメモを作ってくる。

ってこんな一大プロジェクトせめて一週間前には言ってくれよ。
仕事から帰ってご飯食べさせてこのお達しを見たのはすでに夜の7時。
しかも選ぶテーマを見てみると、

地球温暖化、絶滅動種、バリアフリー、赤ちゃんポスト、リサイクル

息子にとっちゃ、どうでもいい問題ばかり。
とりあえず言葉がわかりやすいかと思い、

「赤ちゃんポストって知ってる?」とふってみた。

「ポストに赤ちゃんの絵がついてんの?かわいいよね」

「・・・・・・・・・・」

もういっそこいつの頭のなかのバリアをフリーにして、丈夫な体ごとリサイクルにだすってのはどうか。

とおちゃらけてる場合じゃないんだって。
ただでさえも時間がないんだから。

選ぶトピック例の中に「空・天気」というのもあったので、息子の最大関心事の雷にした。
それにしても雷のしくみについて小学生向けにやさしく解説されたものを捜すのってとても大変だ。
インターネットでせっせと捜して印刷していたら夫帰宅。

「何やってんの?」と聞くから
かくかくしかじかと事情を話していあたら

「へぇー、それであんたがやってんの?」

誰がやるっていうんじゃい!!

あいつにまかせておいたら、一週間かかって赤ちゃんの絵のついたポストでも捜しかねん。

やっとこさ資料を集めて、息子にメモを書かせる。
雷のしくみなんて自分が読んでもよくわからないのに、それを易しくかみくだき、文にまとめて息子に書かせるなんて、まったくもってイライラする。
息子もイライラしてきて、

「今日はこの辺でいいか」

いいわけないんだよー。
そんなことあんたに決める資格なんてないんだよー。

どっかん!!!バリバリ!!!
特大級の雷でも落としたろか。

小学校って本当にしち面倒くさい。
元気に毎日行かせてるだけで勘弁してくれよ、頼む。

(今日の一句)

 雷の

 しくみについて

 知りたけりゃ

 一発母を

 怒らせタモーレ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年5月29日 (火)

またまた盛りだくさん Let's運動会!

昨日はお気楽息子の運動会。
朝目覚めて空を見るとピカーっと満面晴れ模様。
これは息子の動向より、紫外線の動向の方が気がかりだ。
厚化粧&パラソルだな今日は一日。
普段はお気楽野郎だが、行事になるととっても緊張する息子。
幼稚園~1年生まではとってもリラックスしてこちらの心臓がばくばくするくらいマイペースで行事にのぞんでいたのに、人って変わるよね。
運動会の練習が始まってからは、家で毎日徒競走のスタートの練習を始めだした。
私にピストル&スタートを言えと言い、本人走る走る。
「もっともっと早く走らなきゃだね」と言いつつ。
意気込みは素晴らしい。
是非それを結果として形として見せてくれよ。
運動会前日は、器械体操の練習も始めた。
私に座れと言い、その肩に乗る息子。
お・お・重い。46kg。
ひざ立ちまではなんとか出来たが死にそうだ。

「もうこれ以上は無理だよ。お母さん死んじゃうよ」と言うと
「大丈夫。死なないからがんばって足のばして立って」って
立てるわけないじゃん。
よくこんな重いものを肩に乗せられるよ。
若先生のパワーの偉大さをしみじみ感じた。

次は自分が四つんばいになるから、私にその背中に乗れと言う。
そっと乗ったら

「もう、ダメだ。死んじゃうー」

なんだよ。自分は早々とギブアップかよ。
ったくやわな男だぜ。

そして迎えた当日、「運動会楽しみだー」といいつつ、バリバリ緊張してテンパって出かけて行った。
そして徒競走。
一番内側のコースなので、最初前に追いつかなかったが、中ごろから追い上げダッシュ。
あんなに練習したんだから、もうちょっと最初からダッシュしたらいいのに。
まっ、こんなもんか。

騎馬戦は見事勝利で、次にメインイベントの騎馬戦。
苦手なブリッジも逆立ちもがんばっていた。
そして若先生の肩に乗り、両手を広げて飛行機。
次に若先生のひざに立ち、再度飛行機。
緊張しつつもとても気持ち良さそう。
当日まで若先生の体力と首がもってよかった。よかった。
その後も様々な組体操&演技が続いた。
さぞかし練習したんだなと感動した。

ランチライムは学校のすぐ裏のジジ&ババちゃんの家へ。
あげたてのから揚げを前に

「やっぱり飲んじゃまずいよね」(ババちゃん)
「大丈夫だよ。だって校内では飲酒禁止って書いてあったもん」
本当は校外に出るのも禁止と書かれていた。
バレなきゃいいのよ、バレなきゃ。
この暑いのに、からあげ前にしちゃ、やっぱりちょっとピール欲しいよね。
おっとゆっくりしていたら集合のアナウンスが聞こえてきた。
息子とあわてて下に降りると、もうすでに皆全校ダンスの位置についている。
やばい。若先生の姿も見つからず、位置がよくわからん。
飲酒&遅刻。バレなくても相当まずいだろう。
私達を必死に捜す若先生をみつけたところでミュージックスタート。
すべりこみセーフだった。

ここで他校へ飛ばされた(移動した)イメン発見。
一応こちらから声をかけておいた。
「○○君、がんばってますか?」
(ますか?じゃなくて、ますねって言ったらどうよ。相変わらずこいつ中味がちっともイケテ
 ないよ)と胸中では思いっきり毒気づきながらも、笑顔はにっこりと

「はい。おかげ様で。○○先生重いのにがんばって下さってとても嬉しかったです」
「そうですね。5年生になってからまた一段とずっしり重くなったような・・・」

また体重の話かよ。
あんたこそ、ちっとは脳みその増量に励んだらどうよ。
あんたつくづくせっかくのイケテル面を無駄にしてるよね。
なんて思いつつ、前方を見ると担任の先生の姿が。
この人連絡帳でも子供のいい面を書いてくれて、細やかでとても優しい。
ったく、イケメンぼおっと運動会日焼け(昨日運動会だったらしい)して、ニタついていないで少しは見習えよ。
担任の先生はとてもいい人だけど、小柄でメンは・・・触れるのはやめておこう。
イケメンは、メンはいけてるけど、ちょっと頭悪すぎ。
そこへ、2年の時の担任の先生がさっそうと走る姿が。。。
長身で性格も頭もいいし、面もまあまあ。
担任の性格&気配りと、イケメンのメンと、もう一人の先生の長身スタイルがあれば、毎月個人面談申し込んじゃうのになあ。
天は一人に多くは与えてくれないんだよね。

(今日の一句)

 運動会

 あれやこれやで

 てんこもり

 汗の数だけ

 ドラマはじける

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月23日 (水)

夢見る頃をとっくに過ぎても

今週末の日曜日は息子の学校の運動会。
だもんで、ここのところ、毎日毎日時間割りは体育だらけ。
お祭り騒ぎ大好きなお気楽息子は、毎朝上機嫌で学校へ出かけて行く。
もうすでに学校に行くと毎朝皆とっとと体操着に着替えるらしい。

1時間目 体育
2時間目 体育
3時間目 体育
4時間目 英語
5時間目 学活
6時間目 クラブ活動(バスケットボール)
おまけにこの後、スイミング。

殆ど体動かして一日が終わるわけか。。。
頭の中動かす時間・・・なしね。
どうりでお気楽野郎が絶好調なわけである。

「ブリッジと逆立ちを家でも練習してください」との事だったので、家で補助してやろうと思ったら、重くて、ぎっくり腰になりそうだった。
だって、45kg。
されど若先生はこいつを肩車して、お気楽野郎は先生の肩にのりながら飛行機みたいに手を広げて、すっかりいい気分らしい。
先生、当日まで持つといいが。。。
こいつを肩車、考えられない。
先生、首の骨折らなきゃいいけど。。。

家でも運動会の練習でやっているのか、怪しげな腰つきで踊りを披露してくれる。
踊り大好きだからね。
いっそ朝から晩まで踊り&体育の小学校がありゃあねえ、幸せなのにね。
息子の激しいまでに?個性的なパフォーマンスの踊りを見つつ、ふとTVに目をやると
いやあ、久しぶりに郷ひろみが歌って踊る姿を発見。
この人本当に50歳過ぎているとは思えない。
赤いストライプにワイドクレリックのYシャツ、これにジャケットが赤いチェック、しかもネクタイが赤紫?と見ていたら、ペーズリー柄。
こんな組み合わせ普通ちんどん屋になっちゃうけど、可愛くきこなしちゃってるものね。
横で夫が見ながら

「やっぱり派手にしないとな」と自分もピンクのストライプのYシャツをだしてきた。

いや、派手にした方がいいとは思うけど、それが似合うってことがもっと重要なんじゃないか(ま、いいや。私が着るわけじゃなし)

ひろみ GOのノリノいい曲にパワーをもらったところで、久しぶりに部屋の片隅に眠っていた自転車こぎマシンを出してきた。
30分こいだら汗びっしょり。
快調、快調。
この汗の感じだとさぞかしと思い体重計にのってみると・・・
わずか300g減。

相変わらず体重計は夢を見せてはくれない。(涙)
一夜あければスターなんて・・夢があればいいのにねえ。

(今日の一句)

 一夜明け

 気がつきゃ体重

 5kg減

 そんな神話を

 誰かかなえて

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧